ハナユメ神戸市

 

神戸はファッションの街として有名です。

 

神戸の街行く人たちは、みんなそろってオシャレですからね。

 

まあ最近は、神戸の街のファッションもプチプラな感じになりつつあるようですけれど。

 

神戸のファッションにあわせて、できれば結婚式もプチプラにして、ほかにお金を使いたいところですよね。

 

三宮センター街あたりのハナユメなら、やすく結婚式場を紹介してくれますよ。

 

相談料もかかりませんし、定額コースとか割引とかかなり効きますし。

 

これからは、こういったサービスに結婚式場を紹介してもらうほうがトクになるような気がしますよ。

 

ハナユメ神戸三宮店

 

 

神戸市中央区三宮町1丁目6-1パレックスビル1F

 

神戸市営バスのA番のJR六甲道行、90番の楠丘2丁目行、92番の石屋川車庫前行に乗って、「市役所前」のバス停で下車します。

 

バスをおりてスグ左に進むと、右にりそな銀行神戸支店三宮・花時計前西出張所(写真)と、ドトールコーヒー三宮京町筋店(写真)があります。

 

そのドトールコーヒーとローソン三宮京町筋店(写真)の間の京町筋商店街を北へ入っていきます(写真)。

 

右にユニクロ神戸三宮店(写真)、左にALOOK三宮京町筋店のある筋を左にまがります(写真)。

 

10mさきの右がハナユメ神戸三宮店(写真)です。

 

≫ハナユメ神戸三宮店 くわしくはコチラ

ページの先頭へ逆もどり

 

お金のかけどころ。

結婚式や結婚披露宴にかかるお金の合計は、だいたい320万円くらいが平均です。

 

しかし、項目によって、ずいぶんと金額は変わってきます。

 

新郎の衣装代金‥‥約125,000円。

 

新婦の衣装代金‥‥約412,000円。

 

結婚指輪(夫婦分)‥‥約203,000円。

 

料理、飲み物、ケーキ、演出料金などのセット代金‥‥約1,280,000円。

 

挙式代金‥‥約87,000円。

 

飲み物‥‥約4000円。

 

料理‥‥13,000円。

 

招待状一部‥‥430円。

 

司会料‥‥67,000円。

 

ささやかなギフト一人分‥‥330円。

 

引出もの一人分‥‥6500円。

 

席次表一部‥‥430円。

 

席札一人分‥‥220円。

 

メニュー表一部‥‥200円。

 

パンフレット、プロフィール一部‥‥330円。

 

スナップ写真‥‥210,000円。

 

ブーケ一つ‥‥26,000円。

 

飾りの花‥‥182,000円。

 

両家両親への贈りもの(花束とか)‥‥25,000円。

 

二次会費‥‥381,000円。

 

結婚報告の知らせ(ハガキ)‥‥12,000円。

 

ビデオ撮影‥‥155,000円。

 

まあ、どの部分にお金をかけるのか、どの部分をケチるのかで、合計金額なんか変わってきますよね。

 

大切なのは、背伸びをしない範囲におさめようと努力することでしょう。

 

結婚式場に明細を出してもらっても、だいたいの場合、初めの見積書には最低限必要な部分の金額しか書かれていないことが多いですね。

 

しかし、こだわりのオプションを追加したり、見積もり明細には予定されていないいろんな費用がかかったりして、財布の具合を苦しくしてしまうことが多々あります。

 

やはり、合計の金額が財布の中身で収まるように、項目を細かくチェックして、項目ごとの平均的な金額と照らし合わせるぐらいのことはしたほうがいいでしょうね。

 

メリハリが大切。

当たりまえの当たりまえですが、結婚式や結婚披露宴のテーマは、新郎新婦の意向で決定されるわけですよ。

 

当たりまえすぎてしょうもない感じですがm(_ _)m

 

この、新郎新婦の意向で決定された結婚式や結婚披露宴のテーマに沿って、どこにお金をかけるのかをよーく考えるべきでしょう。

 

例えば、遠いところ足を運んでくださったお客様に対するもてなしを最重要視するのであれば、酒や食べものに費用をたっぷりかけて、色直しはなるべくせずに思いっきりケチるとかですよね。

 

結婚式や結婚披露宴を財布の中のお金で終わらせられるかどうかは、こういった、かけるお金のメリハリのうまさによって決まります。

 

ただ、VTRや写真をカットして費用をケチる人もいますが、せめて撮影関係くらいは業者(専門家)に依頼するべきだと思いますよ。

 

写真もVTRも素人の友人に頼んでしまったばかりに、基本的には一生に一回だけの結婚式や結婚披露宴の記録がさっぱりダメだった、なんてことになったら情けないですからね。